介護食の特徴と宅配にするメリット

介護食の特徴と宅配にするメリット

介護食の特徴と宅配にするメリット

 

介護が必要な家族の分の食事は他の家族と同じ料理で無理な場合があります。食材を変えたり、調理法を変えたりしなければなりませんし、食事制限がある病気を持っている場合は一人分だけ全く別の食事を用意しなければなりません。介護食を一人分だけ3食作ることは大変です。まして仕事をしながら食事の用意は家族の分だけでも手いっぱいなのに、介護人の分もとなると主婦の苦労は並大抵のものではありません。

 

介護食は宅配サービスがありますので、利用すると食事の準備が軽減されます。特徴は、きざみ食やとろみ食等のうまく噛めない方や飲み込めない方に対応した食事と普通食があるので、目的によって選べます。
食べやすい食事を心がけて作っているメニューがほとんどなので、家庭で作らない食事もあり、目新しく感じますので介護人も食事の楽しみに触れ合えることでしょう。

 

また、糖尿病等の病気で食事制限の方向けの食事の用意もありますので、面倒なカロリー計算がされている食事が届くメリットがあります。

 

介護は介護をする人ががんばりすぎて倒れてしまっては元も子もありませんので、一番重要な食事はこのような宅配サービスをうまく利用することで、力を抜いていかないといけません。食事を用意する時間を趣味や息抜きの時間に当てて、介護の時間を上手くやりくりしましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ